TOPIX「ふじさわびとなう!」

画像をクリックすると、各サイトに飛びます!


藤沢法人会へ市長より感謝状贈呈

公益社団法人藤沢法人会(会長 川上彰久氏)から、コロナウイルス感染症の現下の状況を踏まえ、避難所用間仕切りが藤沢市に寄贈されました。
間仕切りは段ボール製で軽く、誰でも簡単に組み立てることが出来、2メートル四方に空間を仕切ることが出来、避難生活においてもプライバシーを守ることが可能です。また、高さは145cmあり、新型コロナウイルス感染症の飛沫遮断の効果が期待されています。
 鈴木恒夫藤沢市長は「これから台風のシーズンを迎えるにあたり、大変ありがたい」と語り、川上彰久法人会会長は「使用せずに保管され続けることが一番ありがたいですが、災害時にお役に立てば」と応えました。

小田急片瀬江ノ島駅にクラゲ水槽登場!

2020年7月30日、小田急片瀬江ノ島駅の新駅舎完成披露が行われました。 龍宮宮造りの駅舎の中には、世界的にも珍しい直径2メートルの大きな壁面水槽が設置されました。小田急電鉄株式会社の星野晃司取締役社長と、新江ノ島水族館の堀一久社長がそれぞれ挨拶し「訪れる皆さまにわくわく感をお届けしたい」と語りました。


市制施行80周年ご当地ナンバープレート決定!


藤沢市内の9ロータリークラブ、医療用マスク・手袋を藤沢市に寄贈

藤沢市で活動をする国際ロータリー第2780地区第3グループは、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止に尽力する医療機関への支援として、医療用4層抗菌マスク18600枚、医療用手袋10000枚を藤沢市へ寄贈しました。この活動に対し、2020年6月12日、藤沢市役所にて鈴木恒夫 藤沢市長より感謝状が贈呈されました。 藤沢市は藤沢市民病院での感染防止に有効活用していくということです。


えのすい5/31(日)より営業再開!


チーム藤沢に市長より感謝状贈呈・フェイスシールド寄付活動

5月22日、藤沢市役所にて鈴木恒夫藤沢市長よりチーム藤沢・災害復興支援グループ(代表:下田亮氏)へ感謝状が贈呈されました。
チーム藤沢は新型コロナウイルス感染症に対する支援活動として、フェイスシールドの製作・寄付活動を進め、これまでにおよそ1100個を医療機関・福祉施設などに届けてきました。

フェイスシールドは3Dプリンターで製作、1個当たり100円ほどコストがかかるそうですが、その材料調達から配送まで、すべてボランティアの手によって賄われています。

代表の下田亮さんは「今後も活動を継続し、必要な方に届けていきたい」と語りました。


「かならず晴れる日はやってくる」えのすい堀一久社長(タウンニュース掲載)


「貸切えのすい」臨時休館中のえのすいよりライブ配信中。     トロピカル気分と癒しのひとときを


さんこうどう  抗菌名刺製作開始名刺交換も安心!

ふじさわびと さんこうどう 抗菌名刺 藤沢

新一年生に防犯ブザー4500個寄贈(一社)OZAWAいつもありがとう協会

一般社団法人OZAWAいつもありがとう協会(所在地:藤沢市辻堂神台一丁目3番39号オザワビル8階、理事長:小澤初江)は、
令和2年4月に藤沢市立小学校に新入学した1年生全員に防犯ブザー4,500個を寄贈しました。

バンドウイルカの赤ちゃん誕生!


「貸切えのすい」フウセンウオ水槽、ごはんもあるよ!


藤沢市制80周年記念ナンバープレート、みんなで投票しよう!


下田亮氏(チーム藤沢)フェイスシールド作成、医療機関へ寄贈


藤沢の飲食業を応援!テイクアウト・配達できる店チラシ(さんこうどう印刷)

(株)バイオクロマトより学校へフェイスシールド寄贈


江島神社より     コロナ鎮静祈願祝詞YouTube配信


「貸切えのすい」臨時休館中のえのすいより、バインドウイルカの赤ちゃんの動画配信。


新江ノ島水族館でバンドウイルカの赤ちゃん誕生

新江ノ島水族館でバンドウイルカの赤ちゃん誕生

「貸切えのすい」”至高の癒し”ミズクラゲ


藤沢在住の著名人から「頑張れ藤沢」メッセージ動画配信!


春の叙勲    さんこうどう  川上彰久氏に  旭日双光章




フェイスブックページとツイッターで藤沢“愛”タウン誌『ふじさわびと』の情報を発信しています。

※画像をクリックすると、それぞれ「ふじさわびと」のページがご覧いただけます。